宮崎で習うなら!宮地宏一の「ボイス宮崎」

あなたの声をトレーニング。声力と歌唱力を鍛えます。

FrontPage

皆さんにお知らせです!

ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー宮崎中央校から

「ボイス宮崎」

に名前が変わりました!!

心機一転、これからもより一層に、心を込めた熱血指導をしていきたいと思います!

改めまして

「ボイス宮崎」 です!

早速ですが、「あなたがめざすものは何ですか?」

このページをご覧になってるということは、「ボイトレ」に少しでも興味があるということだと思います。

簡単に言えば「声を鍛える」事なのですが、

どうやって鍛えればいいかよくわからないという方が

ほとんどだと思います。

鍛える方法を知らない方や、間違った鍛え方をしてる人に、

正しい「声のトレーニング方法」を教えるのが、私の仕事になります。

今やネットなどでいろいろな練習方法が出てますが

それに頼ると、自己流になりがちです。熱心なのはいいのですが、

固定観念の塊になり

「こうだといけない!」と思い込み、間違っていても気づかなくなります。

トレーニング方法は人それぞれです。

自分に合ったトレーニングを見つけましょう。

また自己流で怖い事は

間違ったトレーニングをしていても、それを指摘する人がいない!という事です。

トレーニングのやり方は間違っていなくても、

出してる声が正しくないという方がほとんどです。

結果、間違って声を出してるので、トレーニングの意味がないのです。

最悪、声帯を痛めてしまう…という方もいらっしゃいます。

結局、自己流は危険を伴うのです。

そうならないためにも、

専門のトレーニングコーチにつくことをお勧めします。

正直言いますと…

基礎トレーニングは、とても地味な練習です。

スポーツに例えると、筋トレと同じです。

いきなり100m走れ!って言われても、走ることはなんとかできても、速く走れないでしょう?

それに、持久力が足りないから、ゴールに着くまでに、へばります。

まず早く走るには、それなりの練習と筋トレで速く走れる筋肉を作らなきゃいけない。

スポーツ選手はみんなそうです。

基礎トレーニングなどせずに、無理して走ると、

筋肉や筋を傷めてしまい、故障の原因になりますから。

実は、歌も一緒なんです。

練習も必要だし、人より上手に歌おうと思うのなら、

しっかりとした基礎レッスン=ボーカルトレーニングで、

しっかりとした声帯をつくらなきゃいけないんです。

腹筋や、声帯の筋肉を鍛えてあげることによって、

音域も広がり、自分で思うように、楽に声を出すことができます。

間違ったレッスンをすると、声帯を傷めてしまいますので、ご用心を!

「歌=体育会系」と覚えておいてください。

歌を歌うだけなのに、長時間歌うと、疲れます。

おなかが減る…夜ぐっすり眠れる…カロリーが消費される…というのはご存知ですよね。

また「ボイトレ=筋トレ」ですので、

しっかり腹式で歌ってる方は、腹筋を知らず知らずに鍛えています。

歌は体力勝負なのです。

声の力はすごい!

ボイトレは、声力を養うための訓練法です。

だから、歌だけではなく、

営業セールスマン、電話オペレーター、司会業の方など、

声を生かす職業の方にも必要な訓練になります。

声は、その人の人柄や知性、仕事の能力などを相手にアピールできる道具だと思ってください。

だから、声の力はとても大事なんです。

せっかく素敵な声をもって生まれてきたのだから、きちんと相手に伝わる話し方がしたいですよね。

  • なんて話しているか分かりにくい
  • 電話口で、何度も聞き返される
  • 声がこもって聞き取りにくい
  • 声が通りにくい

など、よく相談されますが、これもすべて訓練で治ります

正しい発音、きれいな発声、あなたの生まれ持ったいい声で

相手に伝わる会話ができるようになりますよ。

とにかく「楽しく」が一番!

まずは楽しみましょう。

「へ~」「なるほど!」と思うような、未知の体験をするかもしれません。

少しでもみんなの前で上手に歌いたい!とか

ハキハキしゃべれるようになりたい!と思う気持ちで十分です。

小さなきっかけから、行動を起こして、新たな自分を発見してください。

そのお手伝いをさせていただけたら、うれしいです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional